夕学クロシング

「のめり込み」と「イノベーション」のクロシング

イノベーションは容易ではない。徹底的にのめり込み、他が気づかない価値を見いだした時、新たな世界が拓かれる。古来の日本酒製法にこだわる佐藤氏、ピアノの魅力を伝え続ける仲道氏、見方を変えることで新たな価値はつくれると説く楠木氏の講演から考える。

Description

イノベーションと少数派の論理

イノベーションは容易ではありませんが、徹底的なのめり込みにより他者の追随を許さない価値を生み出した事例もあります。古来の日本酒製法にこだわり日本酒業界に新たな可能性を見出した佐藤氏、演奏家の枠を越え音楽の魅力を伝え続ける仲道氏、見方を変えることで新たな価値はつくれると説く楠木氏の講演からイノベーションに必要な視点を考えました。

◆感想と発見より
佐藤氏の講演に対しては、「めりこみ方が半端ない」「佐藤さんの発想こそが時代が求めているもの」「日本酒の歴史は、日本の産業史の縮図」と。仲道氏の講演に対しては、「音楽の社会性を熱く語るところに、考える音楽家の面目躍如の感があった」「音楽には修辞学があり、音程、調性、リズムには意味があるという言葉が印象的だった」「感動する「傾聴」の体験を大切にしたい」と。楠木氏の講演に対しては「経営の視点を分析的にわかりやすく整理される点が素晴らしい」「情報が拡散しやすい世ではオポチュニティ企業は厳しいのかも」といったコメントをお寄せいただきました。3講演に対しては、「熱意と愛情が溢れていて、まさに「のめり込む」姿を見た」「紐解く、ゆったり感も感じる」「単なる「好き」だけでなくストーリーが含まれているのかも」いったコメントをお寄せいただきました。

Archive